あなたの聴診器をお手入れし維持する方法

 +

 

頻繁にあなたの聴診器を消毒することで常に清潔に維持し、患者同士の感染を最小限に抑えましょう!

聴診器はさまざまな素材で構成されていますので、各パーツに適切な洗剤を使用し、適切な方法でお手入れすることは非常に重要なことです。又、どのような溶剤や溶液にもあなたの聴診器を全て浸すことは決して行わないでください。

なぜ聴診器をお手入れするのでしょうか?

患者間において使用する聴診器のお手入れの重要さについて熱い議論が交わされてきました。アメリカのAmerican Sentinelによると、「調査員は、聴診器のダイアフラムに直ぐにバクテリアがコロニーを形成してしまうことを発見しました-医師の手のどのような部分(指先を除く)においてもより病原菌が付きやすいのです。」公式な方針若しくは規則があろうとなかろうと、聴診器を消毒することは安全性と衛生面において正しい実践なのです。

聴診器のチューブの部分はどのようにお手入れすればよいでしょうか?

多くの聴診器のチューブ部はPVCで作られています。チューブのお手入れにあたって一番良い方法は、洗剤を入れた温水と布又はペーパータオルを使用することをお勧めします。洗剤を入れた温水に布又はペーパータオルを浸し、チューブを拭いてください。きれいにチューブを拭いた後、別の布又はペーパータオルを使用し、水気を拭き取ります。消毒用アルコールのようなより刺激性のある溶液をPVCに何度か使用しますと、チューブ部が粘着性を帯びる可能性があります。

mdf-blog-how-to-clean-your-stethoscope-from-tubing-to-eartips

チェストピースとダイアフラムをどうお手入れすればよいのでしょうか?

チェストピースとダイアフラム部は一番頻繁にお手入れをする必要のある箇所だと思います。チェストピースのお手入れには、70%のイソプロピル拭き取り用アルコールに浸したコットン又は70%の拭き取り用アルコールシートを使用し、チェストピース全体を拭き取ります。乾かす前に少なくとも10秒間チェストピースを濡らした状態にしてください。ステム周辺のような手が届きにくい箇所は、拭き取り用アルコールに浸した綿棒を使用ください。

how-to-clean-your-stethoscope-from-tubing-to-eartips-chestpiece

ヘッドセットのお手入れ方法は?

ヘッドセットは拭き取り用アルコールに浸したコットン又はアルコールシートを使用しお手入れをすることができます。ヘッドセットをアルコールシートの間若しくは拭き取り用アルコールに浸したコットンに挟み、上部に向かって拭き取ってください。必要であれば乾かしてください。しばしば

how-to-clean-your-stethoscope-from-tubing-to-eartips-headset

イヤーチップのお手入れ方法は?

イヤーチップは容易に汚れてしまいます!しばしば耳管の先端をいつお手入れすればよいかわからなくなりますが、クリアイヤーチップなので分かりやすいのです!イヤーチップの内側をお手入れする簡単な方法は、拭き取り用アルコールに浸した綿棒を使用ください。イヤーチップの下部をお手入れするには、イヤーチップを取り外します。

how-to-clean-your-stethoscope-from-tubing-to-eartips

聴診器をお手入れするのに必要なものは何でしょうか?

必要なもの:

70%のイソプロピル拭き取り用アルコールシート又は溶液

コットン

綿棒

布又はペーパータオル

マイルドソープと水

Posted by Lynn Pham

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *