"


使用説明書


MDF® 747デュアルヘッド聴診器(MDF® 747C兼用)
MDF® 747XP アコースティカTM XP デラックスデュアルヘッド聴診器
MDF® 777 MDワンステンレススチールデュアルヘッド聴診器(MDF® 777CとMDF® 777I兼用) MDF® 787XP新生児用聴診器(MDF® 787兼用)
MDF® 797クラシックカーディオロジー聴診器
MDF® 797XプロカーディアルERA聴診器
MDF® 797DD ERプレミア聴診器
MDF® 797CCプロカーディアルC3聴診器

 

ご使用前に使用説明書をよく読んでいただき、お手元に保管しておいてください。

 

使用上の注意: このMDF® 聴診器は胸部表面の健常な皮膚の上から心臓音や肺音を検出する為の非侵襲的な医療向け聴診機器として設計されています。この機器は音増幅機能を有するため、意図された医療診断目的以外に用いられた場合、ご使用様の耳に損傷を及ぼす可能性がございます。この機器の使用は医療従事者に限るものとし、またお子様の手の届く場所に放置しないでください。

 

使用方法: アルゴノマックスヘッドセット付MDF® 聴診器は、人間工学に基づいた角度が既についています。アキュフィットヘッド付モデルは、解剖学的にベストフィットとなるよう調整され、快適な付け心地で音が伝達がされます。ヘッドセットは15°前傾した角度となるよう標準調整されていて、聴診器を前面に持った際、イヤーチップがご使用様より外側を向いた状態で装着してください。デュアルヘッドチェストピースは高周波音を検知する為のダイアフラム側と低周波を検知するベル側で構成されています。聴診時に必要に応じて、チェストピースの正しいサイドを選択するのに、アコースティックバルブ柄を回すことで簡単に変更でます。チェストピースをしっかり持ち患者様の胸部にあててください。 毎回使用前に、全ての部品について緩みないこと、適切に接続されていることを確認してください。

 

お手入れについて: 毎回使用前に、聴診器全体をきれいにしてください。チェストピース、聴診チューブ、コンフォートシールTMイヤーチップは、清潔なコットン布を使用し、アルコール又はイソプロピルアルコール液で汚れた部分を全て拭きとってください。過度の熱、冷気、溶剤、湿気、及び油/脂質(皮膚から分泌される)に長時間さらさないでください。

 

私達の高い品質は、ライフタイム保証により裏付けられています。

 

"